So-net無料ブログ作成

Sound Cloudでクリエイティブコモンズ設定! [Sound Cloud]

クリエイティブコモンズは「個人著作者や非商用コンテンツホルダーが、ある程度その著作物の権利を持ったまま一定の条件下で著作物を他人に利用させることを可能にしようという活動」です。

日本でも活動しているようで、こちらがそのホームページとなっています。

立ち位置としては、商用コンテンツホルダーが、そのコンテンツを不正使用する事を防ぐ為に必要な「著作権」と、完全にフリーユースを目的としたパブリックドメインの中間的な感じでしょうか?

その利用方法や解釈は色々ある(好き嫌い含めて)ようですが、簡単に言うと、自分の作った作品を、広く/自由に使ってもらい、その際に作者のクレジットをしてもらうことで、次のステップに進みたい人向けのデジタルコンテンツに対するライセンスの考え方という事なのではないかなと思います。

Sound Cloudでは、多分、一年くらい前からだったような気がしますが、そこに作品をアップする際、このクリエイティブコモンズを明示することで、比較的に気軽にダウンロードしたりシェアする事をうながす事ができるようになっています。

自分は今まで、その設定はしたことなかったのですが、今回は下記の「Free Wind」という曲で初めてやってみました。

Free Wind by makasaka

曲名のFree WindをクリックするとSound Cloudに飛ぶと思いますが、そこで表示される波形右上(Nu Jazzの横)の丸で囲まれたマークが、クリエイティブコモンズのレベルを表します。

CC-Info-121.jpg

クリエイティブコモンズで設定されるライセンスの段階は、ホームページよりWikipediaの説明がわかりやすかったです。

CC-Info-リ33221.jpg

この曲では、一番上の「Attribution」つまり、自由に複製使用してもいいですけど、その時はmakasakaの表示をしてねーというマークのみを付けています。

基本は,このマークで、これとその他の3つを組み合わせて表示することで、著作権者のメッセージを表すという仕組みですね。

例えば、この曲をマッシュアップの中で使って欲しくない場合は、「改変禁止」の印も一緒に付けるっていう感じでしょうか?

では、実際のSound Clound上での設定方法を見て行きましょう!

 

Sound Cloud上での設定

 Sound Cloud上で設定する場合は、アップする曲に初期設定として、このクリエイティブコモンズを設定する方法と、曲毎に設定するという2つのパターンがあります。

A.プロフィール上で設定する方法

1.Sound Cloudにログインしたウインドウ上のトップにある「Setting」をクリック

CC-Setting.jpg

2.現れた設定画面右下の「Extra」をクリック

CC-Extra.jpg

3. Extraウインドウ上のDefault LicenceでCreative Commonsを選択

CC-Extra-2.jpg

 これによりアップされる曲が全て、ここで設定したライセンス状態で表記されます。

B.曲毎に設定する方法

1.曲をUploadする際の画面またはアップロード後の編集画面で「Selected License」をチェックします。

CC-Info-1.jpg

2.設定を変えたい場合、Change Licenceをクリックし、Creative Commonsを選んだ上で任意のライセンス状態に設定します。

CC-Info-2-CC.jpg

 となります。

簡単ですよね?

こうやって敷居を低くすることで、自分の作品を、広くアピールできるようになるっていうのはクリエイターにとって良い事ですよね。

でもこうしておけば有名なイベントで使われて名前が売れるぞー的な期待は、ちょっと甘いかなとも思います。それに、表記さえあれば自由に使っても良いとなると、本人の意図しないような場所等で使われるようなケースもあります。例えば、音楽とかだと何かおぞましい事件みたいのがあって、その映像のBGMとして使われてしまうとか.....そこは、でも疑いだしたらキリがないので、Always Be Goodの精神で、性善説を信じる人向けという感じでしょうかね?

そもそも、そういった議論をする以前に、このクリエイティブコモンズという考え方自体、まだ完全には市民権を取っていないような.....日本でもそんなに話題になることがないし......

例えば全ての楽曲、映像、画像が、このクリエイティブコモンズ作品のみで行われた的な大きなイベント等があって、それがマスコミとかでも取り上げられて、著作権問題そのものに焦点があてられることで、世間への認知度がもっとあがらないと、クリエイター側だけで自己完結していても意味がない気がします。そういう意味でも、これを仕掛けて行く側の今後の展開/アプローチに期待ですね。

あ、でも今でもクリエイターに直接役立つ事もあります。

それはこのクリエイティブコモンズで上げられている楽曲やサンプルネタを、表記さえすれば大手をふって自分の作品の中で使用できるということです。

その辺はSound Cloudでもこちらのページにまとめらています。

この中だと、サンプルではないですが、この曲、普通に結構いいなーと思ったんですけど.... Highway Lights by Our Ceasing Voice

.......ということで、個人クリエイターの味方(?)、クリエイティブコモンズ、是非、チェックしてみてください!

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トラックバック 0

http://soundcloud.commakasaka